ブログトップ

wanokashi 89

likehug.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

記憶のかけら

ふいにある町を訪ねたくなり、
電車とバスを乗り継ぎ出掛けました。

木曽川という大きな川沿いにある、
小さな田舎町です。

そこは幼少の頃、祖母と過ごした町。

祖母はもういません。


私の両親は教師でした。
母は、朝早く車を走らせ、私を祖母の家に預け、
夕方両親のどちらか、早く仕事を終えた方が迎えにくるという毎日でした。
小学校に上がってからも、夏休みなどの
長い休みにはいつも祖母の家に行きたがり、
帰らなければならない日には淋しくて泣いていました。

そのせいか、幼い頃の記憶の多くが
祖母の暮らす古い日本家屋や
大きな椎の木や井戸のある風景にあるのです。

私にとって、その記憶の断片は
薄くヴェールのかかったような
淡いきらめきをまとっているのです。

近くに遊べる子供もいなく、
おもちゃなんて何にもありませんでしたが
祖母とすごす何気ないのんびりとした穏やかな時間を
一度も退屈だと感じたことはなかったように思います。

木枠の磨りガラスのぼんやりとした光に照らされた
二階の母の部屋は、家具がそのまま置かれ
時が止まったようでした。
ほこりの積もった本棚から
黄色く変色した古いシェークスピアを
引っ張り出し、夢中になって読みました。

古い仏間は薄暗く、畳はひんやりとし、
どんな天気の日も、しんとした空気を漂わせ
子供ながらに他の部屋との違いを感じていました。

庭の真ん中に大きな大きな椎の木があり、
風が吹くとざわざわと音をたて
苔で覆われた根元には
白いキノコが生えていました。

大人になった今、最寄りのバス停に降り立ち、
寂れた商店街をゆっくり歩き、
今はもう無い祖母の家の敷地まわりをぐるりと歩き、
その敷地に立つ、知らない誰かが暮らす
真新しい建て売りの二軒の家の向こう側に
今はもうない家屋や
井戸や、木や、庭や。
祖父や祖母や、幼い私を。
それらの面影や匂いを探し、
記憶のかけらを手繰り、映したとき。

今日のことを文章にしておこうと、
そう思ったのです。
c0213693_21521341.jpg

[PR]
by wanokashi89 | 2012-10-27 21:52 | 日々のこと

思い出すフレーズ

久しぶりに雑誌Casaを買って読みました。

お菓子の仕事を始める前の20代のころは
色彩や、インテリアデザインを学んでいました。

こっそりと 笑
インテリアコーディネーターの資格も持っています。

その頃は定期購読するくらいの愛読書でしたが
ここ数年は仕事柄めっきり手に取る事もありませんでした。

今更ですが、やっぱりかっこいい雑誌ですね。
心躍りました。


学校を卒業して、なんにも出来ない私を
面倒見てくれていた設計事務所の所長の言葉です。

「料理の上手く出来ないやつに、良い設計は出来ないよ。
 俺はデザインの工程すべてを必要とするものが、料理だと思うよ。」

まかないを作るためにフライパンを振りながら話す所長の話を
洋服とインテリアにしか興味のなかった当時の私は、
そんなもんかなあと聞いていたのですが
お菓子の仕事を始めてから、ことあるごとに思い出すフレーズです。

素材を選び、組み合わせを考え、調味料を足したり、引いたり・・・
最終形を想像しながら調理を進めていく。
そして出来上がったものをより生かすような器を選び、バランスを考えて盛りつける。

何よりもそれを食べる人の立場にたつことが絶対条件。

うーん、たしかに。
今なら痛いほど分かります。
クリエイティブな要素がたくさん詰まっていました。

所長。
何もできないまま東京に来てしまったけれど
お菓子の仕事を始めてから丸三年が経とうとしています。

所長の愛車のアルファロメオの扉を
何も考えず力一杯閉めていたことや

せっかく美味しい珈琲豆を用意してくれていたのに
朝一番にみんなが飲む珈琲を適当なやり方で、
最年少の仕事として惰性で煎れていたこと。

この年齢になった今、思い返すと
当時は気付けなかったことがたくさん。

謝りたいことも、たくさん。

それでも。
あの時間は今の89に、ちゃんと続いているのです。

c0213693_0255624.jpg

7月の終わりのころの、空。
ついこの間のようで、もう三ヶ月も前。
秋はどんどん深まっていきます。
[PR]
by wanokashi89 | 2012-10-19 00:32 | 日々のこと

ありがとうございました

週末のふたつのイベント、無事に出店を終えることができました。
たくさんの方におこしいただき、本当にありがとうございました。

すごくすごく楽しくて、幸せな二日間だったので
まだ余韻に浸りながらパソコンに向かっています。

実は今回は初の試みに挑戦していました。
それは、ご試食いただくということ。

今までは、試食というのは
なんだか抵抗があり、
目の前でお試しいただくことの不安もあり
なかなか実行できずにいました。

ただ今回のお菓子は、お砂糖や配分を変えたため
定番商品も含め89のお菓子の味が少し変わりました。
それもあって、勇気を出してご試食いただくことに
挑戦してみることにしました。

終わった今は本当にやってみてよかったと思っています。

なにより、ご試食を経て嬉しいコメントをいただいたときの
嬉しさといったら!
もう仕込みの疲れなどすべて吹き飛ぶような気持ちです。

あとはお菓子のラベルや、POPの説明だけでは
分かりにくいお菓子の味を、
ちゃんとお買い上げいただく前に
お客さまに伝えることができるので
私も安心して販売する事ができました。

二日間、たくさんの出会いと、たくさんの再会に恵まれました。
お菓子を販売に行ったようで、実際はたくさんの幸せをもらって帰ってきたようです。

本当にありがとうございました。

お客さまに、ブログを見ているとおっしゃっていただいたとき
なんだか恥ずかしいやら、嬉しいけど照れてしまうようなそんな気持ちでした。

忘れたころに更新される、間の抜けたテンポのブログですが
できるだけ自分の気持ちを、まっすぐに心を込めて文章にしたいと思っています。
よろしければこれからもたまにでよいので、クリックしていただけると
とてもとても嬉しいです。

次にみなさまにお会いできるのは
12/9〜16
浅草橋 ルーサイトギャラリーにて開催の
『おうち、』というイベントです。
おうちにあったらうれしいもの、をテーマに
素敵な作家さんが集まります。
私はカフェのお菓子を担当させていただきます。
詳しくはまた、今度。
[PR]
by wanokashi89 | 2012-10-16 02:07 | イベントのこと

明日と、明後日です

c0213693_1123895.jpg

c0213693_1134153.jpg

いよいよ明日、明後日!
仕込みも最後のがんばり時です・・・

みなさまにお会いできるのを楽しみに。
美味しく楽しい週末をご一緒できると嬉しいです。

-------------------------------------------------------------
10/13(土)
千駄木喫茶ギャリコさん主催の
『ギャリコのちいさな秋市』
場所はギャリコさんの二階のスペースです。
文京区千駄木5-38-6 
11時〜夕方まで 
カフェでは限定コラボメニューも!

10/14(日)
市ディレクター、シバヤマミカさん主催
『おいしい週末ライオン市』
場所は浅草LION BUILDINGです。
c0213693_1242443.jpg

c0213693_1243352.jpg

[PR]
by wanokashi89 | 2012-10-12 01:32 | イベントのこと

メニューのおしらせ

イベントに向けての試作もひととおり終わり、
今週からは仕込みや、パッケージの準備に取りかかっております。

今回のメニューはこのような予定です。

□練りようかん
  ・小豆とショコラ、スパイスと生姜
  ・てぼう豆と栗とバニラ
  ・てぼう豆と無花果

□もなか
  ・干し果実の小豆粒あん
  ・チャイスパイスの小豆粒あん

□ちょうちょうの寒氷

もともとあったメニューも、素材を足したり、引いたり・・・
今の気分に合わせて変えてあります。
ぜひお召し上がりいただいて
その変化を感じていただけたら、嬉しいです。

c0213693_2054443.jpg

甜菜糖を使った、てぼう餡(白餡)。
本来の白あんと比べるとかなり茶色に仕上がります。

甜菜糖はさとうきびのお砂糖とは違い、
体を冷やさないので
これからの季節にはぴったりですね。

ちょうちょうの寒氷以外のお菓子は
すべて甜菜糖や米飴を使っています。

どちらも素材のもつ香りや独特の風味が、
お菓子に奥行きを出してくれるので
見た目の鮮やかさは出しにくいけれど、
作っていて楽しいです。

----------------------------------------------------------
10/13(土)
千駄木喫茶ギャリコさん主催の
『ギャリコのちいさな秋市』
場所はギャリコさんの二階のスペースです。

10/14(日)
シバヤマミカさん主催
『おいしい週末ライオン市』
場所は浅草LION BUILDINGです。
[PR]
by wanokashi89 | 2012-10-02 21:23 | イベントのこと